バックナンバー(もっと見る)

2014年03月号 vol.4

市民記者が取材した「さいたま市10区の“とっておき”話題」。3月7日に埼玉...

2013年11月号 vol.2

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ「市...

2013年10月号 vol.1

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ、市...

埼玉市民記者クラブ

2014年02月号 vol.3

食育は農業体験から 平成24年度マッチングファンド事業

2014年02月28日 12:56 by saitama-shimin-kisya

「見沼田んぼ内での教育ファーム」というテーマに、農業体験を通して食への理解を深め、農業の持つ色々な意味を理解してもらう活動をこれまでも行ってきた団体が事業を提案した。「書類の作成などは苦労したが、健康教育課と新たな関係が築けました」と萩原代表は話した。平成25年度は「ふれあい・夢ファーム」を協働で実施している。ふれあい・夢ファームはに参加した児童の保護者は「カエルやイナゴなどの沢山の生き物が生活する市形に、子どもは田んぼの必要性を感じたようです。私も子ども達の農作業を通して、見沼田んぼ治水昨日や自然の重要性を理解することができました」と話してくれた。「もったいない」と落ちた穂を拾い集める子どもたちの姿が印象的であった。 (市民記者 泉田重則)


農業体験2

関連記事

「ふれあいまがたん」誕生! ネットで寄付集め着ぐるみ

2014年03月号 vol.4

北へ流れる逆川 水辺復活へ住民ら活動

2014年03月号 vol.4

別所沼 40年ぶりに滝復活

2014年03月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2014年03月号 vol.4

市民記者が取材した「さいたま市10区の“とっておき”話題」。3月7日に埼玉...

2013年11月号 vol.2

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ「市...

2013年10月号 vol.1

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ、市...