バックナンバー(もっと見る)

2014年03月号 vol.4

市民記者が取材した「さいたま市10区の“とっておき”話題」。3月7日に埼玉...

2013年11月号 vol.2

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ「市...

2013年10月号 vol.1

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ、市...

埼玉市民記者クラブ

2014年02月号 vol.3

寒い冬はとろみの豆腐ラーメン が最高

2014年02月28日 12:55 by saitama-shimin-kisya
「豆腐ラーメン」を食べに、市民会館いわつき内にあるレストラン「大手門」を訪れた。豆腐ラーメンの発祥の地です。平日昼食時、大衆食堂のような店内には食事中の人、レジ前で注文している人を合わせ20人ほどでほぼいっぱい。お客の注文は目玉の豆腐ラーメンが8割だという。
 平成20年、21年の第2、4回の「さいたまB級ご当地グルメ王決定戦」で優勝をした評判を聞きつけ、市外、県外からもお客がやってくる。

 豆腐ラーメンは、醤油ベースの濃いきつね色のスープにとろみのついた大きめにカットされた白い豆腐が入り、ワカメ、ネギなどの薬味をトッピングした縮れ麺のラーメンである。すこしピリ辛の味付ながらマーボ豆腐とは違う甘辛の風味。豆腐と麺もほどよいハーモニー。

 近くに住み、もう十数年以上の常連客だという高橋光男さん(72)は「ワンコイン(500円)で食べられるし、とろみのついた豆腐がからだの中からポカポカさせてくれる。冬最高の食べものだ」と忙しく箸を動かした。
 豆腐ラーメンは、この数年B級グルメブームで注目されているが、歴史と人形の町、岩槻で約40年前から市民に愛されてきた「歴史ある伝統の味」である。(市民記者 太田順治)岩槻ラーメン

関連記事

「ふれあいまがたん」誕生! ネットで寄付集め着ぐるみ

2014年03月号 vol.4

北へ流れる逆川 水辺復活へ住民ら活動

2014年03月号 vol.4

別所沼 40年ぶりに滝復活

2014年03月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2014年03月号 vol.4

市民記者が取材した「さいたま市10区の“とっておき”話題」。3月7日に埼玉...

2013年11月号 vol.2

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ「市...

2013年10月号 vol.1

「埼玉市民記者クラブ」はプロの編集者から取材の仕方や記事の書き方を学ぶ、市...